私の婚活記録

すでに末期症状⁈『好き』って何なの?私の婚活記録⑭

更新日:

こんにちは(^^)

40代の婚活を成功へ導く

夢乃チェリーです。

 

 

とんだ勘違い

 

私の2年間の婚活日記を書き進めて参りましたが、いよいよ終盤です。

 

パッと見の印象はかなりマイナスだった、アメリカLA出身のスティーブン。しかし、日本語がある程度話せるという安心感からか、次第に彼との時間が楽しくなっている私がいました。

 

見た目はほぼ日本人と変わらないながらも、ノリの良さはさることながらストレートな感情表現をしてくれる彼との交流は、刺激が好みハート(この時点でもう何かが間違っていますニヤニヤ)な私の心をワクワクさせてくれるものになりました。

 

そして次の週も彼は私の元へと会いに来てくれ、彼の気さくな性格のせいなのか⁈私は自分がすごく自然体でいられる様な気がしていたのでした。

 

そして彼もそう思ってくれている様に思えました。

 

見た目は残念(何度も言うな!!(笑))な彼でしたが彼といると、

 

なんか楽ちんだな!!口笛

 

と思える私がいました。(それが英語から解放され、日本語でやりとりが出来る事での楽ちん具合だったのが今ならハッキリ分かりますガーン)

 

東京まで会いに行くが…

 

そしてやりとりをし続け1ケ月程たった頃、もうすぐLAに帰るという彼。

 

それまでは彼が日本にいる事もあり、彼の存在をものすごく身近なものに感じていましたが、LAに戻ってしまったらもうそんなに簡単に会える訳でもないし、彼が日本にいる間にせめてもう一度だけ会いたいと思い、今度は私が東京に会いに行くのでした。

 

3泊4日の東京滞在(といっても仕事のお休みは2日しかないので、かなりタイトなスケジュールでした)

 

 

観光目的(っていうか婚活か⁈(笑))で東京を訪れたのは、中学生の修学旅行以来でしょうか?普段なかなか立ち寄らない浅草や築地などを二人で観て楽しみました。

 

そして最終日の夜、スティーブンの東京滞在でお世話になっている友人とその彼女と4人で食事をする予定をしていました。

 

待ち合わせは夜の10時星空

 

翌朝、早い時刻の新幹線で東京を離れ、そのまま仕事に行かないといけなかった私は、正直その時間帯からのその会に参加したくありませんでした。(悔しいですが、アラフォーは体力がそこまで豊富ではありません…アセアセ)

 

できれはゆっくり過ごしたかった…ショック

 

しかし、彼の顔を潰すわけにもいかないし、気力を振り絞って電車を乗り継ぎ待ち合わせの場所へと2人で向かったのでした。

 

そしてその途中、彼に異変が起こりました。

 

それまで陽気に楽しく過ごしていたのに、ふと気づくと急にすっかり黙り込み怪訝そうな顔をしている彼。

 

私は彼に何が起こったのか分からず、

 

どうしたの?うーんと聞いても返事はなし。ただただ重たい空気だけが流れていました。

 

私は、ただでさえ今から初対面の2人と会わないといけないという緊張感と、スティーブンのこの怪訝な態度に、

 

この状況、マジで無理なんですけど⁈滝汗

 

と心がパンクしそうでした。

 

そして最寄りの駅で電車を降り、お店までの道のりを無言で歩いていましたが、その空気感に堪えきれず、

 

何か問題があるのなら言って欲しい!!真顔

 

と彼に言いました。

 

そしたら彼は、

 

『自分も正直、こんな夜遅くから来たくなかった。(だったらヤメておいてくれムキー)だけどお世話になっているから来ない訳にはいかなかった。だから気持ちを整えるために黙っていたのに、君は横からギャーギャー言ってうるさかった。君は空気が読めないから最悪だ!!』

 

確か、こんな様な内容を言われたと思う。

 

 

 

 

 

私に察する能力がないですと…?ニヤニヤ

 

あんたの気持ちなんて言ってもらわにゃ分からんわ~~~!!!ムキー

 

(まだまだ付き合いの浅い者同士。しかも相手は見た目はさておき外国人。そこまで相手の気持ちを察する能力のある人を見てみたいわ!!!)

 

そう言いたかった気持ちをグッと堪え、何とか気持ちを整え会食の場へと急ぎました。

 

そして初対面2人+スティーブン(簡単な日本語は出来るけど、ネイティブではないので当然微妙なニュアンスを伝えるのには時間がかかりますショック)という、かなりストレスフルな食事会が始まったのでした。

 

しらふでは気を遣いまくって疲れると思ったので、私はひたすらビールを飲みほし何とかその場を乗り切りました。

 

そして次の日、東京駅まで彼が送ってくれ私はその足で即座に職場へと向かい、その日の夕方、彼はLAへと帰っていきました。

 

40代婚活女子の決断

 

彼が帰国してからも、私達はやりとりを続けていたのですが…

 

しかし、

 

どうにも気持ちが盛り上がらないチーン

 

東京での最終日の夜以外は、彼との時間は楽しかったハズなんだけどな…

 

またまた自分の気持ちが分からなくなりました。

 

楽しい=好き

 

ショボーン

 

もう一体好きが何なのか?それが分からないレベルにまで私はとうとう達してしまっていました。(末期症状です…滝汗)

 

散々楽しくない婚活をし続けた私は、楽しいは好き!!と勘違いしていたんだと今なら分かります。(確かに一緒にいて楽しい!!って大事な要素ですけどねウインク)

 

私は彼の事が好きなのか…⁈ショック

 

楽しかった時間があったのは確か。自分の心がオープンでいられた様な気もする。

 

でも好き?かは分からない。

 

考えても考えても、気持ちはグルグルするばかり…

 

このままメールだけしていても、答えは出ない様な気がする。

 

もう一度会ってみたら分かるかもしれない…

 

じゃあLAに行って彼に会って確かめよう!!(行動力だけは無駄にある私です笑い泣き)

 

そう思い立ち、職場のスタッフに無理を言って長期連休をもらい、

 

スティーブンのいるLAへと会いに行くことを決意したのでしたプンプン

 

 

つづく

 

続きが気になる方はこちらへ↓↓↓

婚活は自分を知る旅!!私がようやく手にしたもの❤私の婚活記録⑮

 

みなさんの婚活の成功を願っています♥

 

もし一人でやっている婚活が不安だという方がいらしたら、

どうぞお気軽にご相談くださいね(^▽^)/

夢乃チェリー

 

-私の婚活記録

Copyright© 40代婚活成功マニュアルブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.