私の婚活記録

ハイタッチで夢の国へ❤でも現実は…私の婚活記録⑧

更新日:

こんにちは(^^)

40代の婚活を成功へ導く

夢乃チェリーです。

 

 

若干痛いの注意!!心躍らせる40代女子

 

もはや、ハイタッチ会の事で頭がいっぱいになった私おねがい

 

数日後に迫ったハイタッチ会に向け(お見合いはどうした?(笑))、当時、周りで流行っていたインフルエンザには決してかかるまい!!と、うがい・手洗いをいつも以上に強化!!

 

そしてその気合が実り、無事ハイタッチ会まで元気な体を守り切り、ハイタッチ会当日を迎えたのでありました。

 

その日は快晴太陽

 

真冬なのに陽射しがやけに暖かく感じられ、空気は澄み渡り、

 

押しメンとハイタッチできる!!ラブという、

 

この日の私の胸のトキメキを、天気さえもが後押ししてくれているかの様でした。

 

いつも、画像の世界だけでしかお目にかかった事のない彼らに、直に会えるだけでなく、ハイタッチまでできてしまうハート

 

肌と肌が触れ合ってしまうなんて!!!酔っ払い

 

私のトキメキはうなぎのぼり!!!

 

今までAKBファンのメンズの方々を、どこか邪な目で見てしまっていた私でしたが、この時ようやく彼らの気持ちを理解できたのでした。

 

今までちょっと白い目で見てしまっててごめんなさい…タラーこれからはあなた達と同志です。

 

と謎の同盟を結び、開場の少し前までに到着できるように自宅を出て、いそいそと横浜へ向かうのでありました。

 

いざハイタッチ会場へ

 

そして、かなり早めに会場に到着した私でしたが、そこにはもうかなりの人だかりが出来ていて、熱気の渦に包まれていました。

 

人生初のハイタッチ会キラキラ

 

これからどんな段取りなのか?

 

ファン同士で暗黙のルールなどはあるのか?

 

元来ビビりな私は、勢いづいてハイタッチ会に初潜入を試みたものの、その場の勝手がまるで分からず、しばらくはただ立ち尽くすのみの状態でした…アセアセ

 

そしてメンバーが登場するまであと3時間もある中、かなり暇を持て余したので、東京に住んでいる幼馴染にLINEしてみる事にしました。

 

彼女は遠く離れていても、いつも私の事を気にかけ応援してくれる心強い存在照れ

 

『今、横浜だよ!!ハイタッチ会の後に、お見合いするんだ!!』と送ってみた。

 

しばらくすると彼女から返事が返ってきた。

 

『はっ?ハイタッチ会⁈そんな事より、お見合いに集中しろ!!』

 

いつも通り、歯切れの良い彼女の喝が飛んできたニヤニヤ

 

『うん。お見合いも頑張るけど、初のハイタッチ会が楽しみなんだハート

 

『アホか!!!そのお見合いを成功させて、さっさと嫁に行け!!!ムキー

 

 

 

 

それはごもっともでございます!!!滝汗滝汗滝汗

 

20代前半で、東大卒のエリートとサクッと結婚した彼女。

 

さすが、早くに結婚を決めてる人は心構えが違う!!!

 

そう感心しつつ(感心してる場合か!!見習えよ!!)、やはり私の頭の中は押しメンとのハイタッチでいっぱいなのでした(笑)

 

ついにメンバーが目の前に!!

 

そして、そうこうしている内についにメンバーが登場!!!

 

生で見る彼らは、言葉に表しきれない程のオーラをまとっていました。

 

そしてたどたどしい日本語で、

 

『みなさん、ありがとごじゃいまぁ~す』

 

と一生懸命あいさつする姿に、秒速でノックアウト!!!ラブ

 

我こそ先に!!という女群たちの列に私も紛れ込み、今か今かとハイタッチへの瞬間に期待を膨らますのでありました。

 

そして、ついにパーテーションで仕切られた秘密の花園へ通された私は、

 

押しメンとハイタッチハートハートハート

 

極至近距離で見た彼は、まるでこの世の物とは思えない程の美しさを放っていたのでした。

 

もう絶対この手を洗わない!!!チュー

 

誰しもがこの状況で口にするセリフを、例外なく私も言い放ち(その後結構すぐに洗いましたけど(笑))、ハイタッチは時間にしてほんの一秒あるか?ないか?の一瞬の出来事だったのに、

 

押しメンから伝わった肌のぬくもりがずっとずっと忘れられない。

 

もはや私の口元は、笑いたくなくても勝手にニヤついてしまう、だらしのないものになっていました酔っ払い

 

なんて幸せなんだ~~爆  笑

 

ハイタッチ会を考案して下さった方々、本当にありがとうございます!と心から感謝を申しつつ、しばらくその幸せな余韻から離れられなくなっていました。

 

そして、その日会場で出来たお友達と興奮を共有し合っていたら、本来であれば一番大事であろうお見合いの時刻が迫っている事に気がつき、

 

お友達といつまでも一緒に余韻に浸っていたいのはやまやまでしたが、急いで待ち合わせのホテルへと向かうのでありました。

 

夢の世界に別れを告げ…

 

 

ホテルに着いたらすぐ、お見合い相手の男性を発見する事が出来ました!!(急に現実に引き戻された感がハンパなかったです(笑))

 

会社経営をしているというだけあって、会話もスムーズだった彼。時折、私の話にも耳を傾けて下さり、尚且つご自身の仕事やプライベートの事などをイキイキと話して下さいました。

 

表向きな人柄には何も問題ない男性に見えました。(外見はタイプとは程遠い感じでしたが…(笑))

 

私がその当時、お相手の理想に掲げていた、

 

安心・安全・安定注意

 

このざっくりとしたテーマには、当てはまっている様に思えました。

 

しかし、もう一度会いたいか?

 

そう聞かれると、

 

別に…(沢尻エリカよりも控えめな感じで(爆))

 

というのが、本音だった。

 

恋愛で痛い想いを繰り返してきた私は、

 

男性に対してトキメキなんてもういらない!!!そう本気で思っていました。

 

しかし、安心・安全・安定!!このざっくりとしたテーマだけじゃ選べないという事も、ようやくこの辺りから気付き出すのでした。(おせーよ!!)

 

自分はどんな男性が好きなのか…?うーん

 

これをしっかりと把握する事が大事だな…

 

一向に出口の見えない行き当たりばったりな私の婚活は、残念ながらまだまだ続いていくのでありましたショボーン

 

つづく

 

続きが気になる方はこちらへ↓↓↓

えっ⁈海外婚活に参戦⁈ところで英語は大丈夫⁈私の婚活記録⑨

 

みなさんの婚活の成功を願っています♥

 

もし一人でやっている婚活が不安だという方がいらしたら、

どうぞお気軽にご相談くださいね(^▽^)/

夢乃チェリー

 

-私の婚活記録

Copyright© 40代婚活成功マニュアルブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.