私の婚活記録

普通の人に出会えない…婚活界の現状を肌で知る!!私の婚活記録⑥

更新日:

こんにちは(^^)

40代の婚活を成功へ導く

夢乃チェリーです。

 

 

しょっぱなから手ごわい相手

 

結婚相談所での初のお相手、穀物さんとのお見合い当日、

 

お見合いファッションでの定番!!キレイ色の花柄のワンピピースドレスなど一着も持ち合わせていない私は、自分の持っている洋服の中で一番明るめのワンピースを着こみ、待ち合わせのホテルラウンジへいそいそと向かいました。

 

私はその時まで全く知る由もありませんでしたが、土日のホテルラウンジは、お見合い客でごった返していました!!

 

びっくり仰天!!びっくり

 

スーツ姿のメンズとワンピース女子が、ラウンジ中にひしめき合い、そしてみなさん真剣に話をされているご様子。

 

これだけの方がお休みを利用して真剣に婚活されている姿に、

 

やっぱり、ぼちぼちなんてしていられない!!ムキー

 

と気を引き締める私なのでした。

 

その日は、結婚相談所での初めてのお見合いという事で、華乃さんの仕事のパートナーの男性コーディネーターが立会いをしてくださいました。とても心強かったです。

 

そしてしばらくすると、プロフィール写真とほぼ変わりない穀物さんを発見。軽くあいさつをかわし私達はテーブルへと着席するのでした。

 

まずは、男性コーディネーターさんがその場をリードして下さり、穀物さんと率先して会話をして下さいました。

 

しかし二人が会話を始めるや否や、私は異変に気づきました!!

 

なんと!!穀物さんは、

 

一度口を開くと、いつ息継ぎが行われているかも分からないほど一方的に話しまくる、

 

マシンガントークの持ち主ゲッソリゲッソリゲッソリ

 

だったのです!!

 

ひょえ~~!!!!!!ゲロー

 

その一方的に話して下さるお話が、魅力的で面白いお話なら良かったのですが…

 

穀物さんのさして面白みのない日常生活の話が永遠に繰り広げられ、

 

気を使って大きめの相槌を打ってしまったあかつきには、さらにご機嫌アップで話を続けてしまう始末。

 

なっ、なんかこの人絶対ムリ…滝汗

 

早く帰りたい…

 

初っ端から心の中はそんな気持ちでいっぱいでしたが、約20分程したところでコーディネーターさんが、

 

『あとは二人でお話くださいね』

 

と言い残し、席を立ってしまいました。

 

行かないでぇ~~~!!!!!!!えーん

ヘルプミ~~~!!!!!!えーん

 

全力で引き止めたかった…

 

辛すぎる時間

 

事前に華乃さんから、どんなに辛くても40分はお見合いしてね!!と言われていたので、そこからはただ時計とにらめっこの時間になりました。

 

相変わらず人の事はお構いなしで話し続ける穀物さん

 

これだけ一方的に話し続ける技は、一体どこで習得したのか…?

 

話を聞いてるふりをしつつ、途中からそんな事を考え出しました。

 

この人はいつも米や麦としか会話をしていないから、こうなってしまったんだろうか…?

 

確かに米や麦に話しかけても返事は帰ってこない…

 

だから人間との会話の仕方を忘れてしまったのだろうか…?

 

なら仕方ないか…

 

そう思えた時、今度は彼の大好きだという中日ドラゴンズの話題が始まりました。

 

この前の試合がどうとか…

 

ピッチャーの交代がどうとか…

 

彼の中では面白いと思っている話なのでしょうが、はっきり言ってまるで興味なし!!

 

当時、谷繁監督が中日ドラゴンズの指揮をとられていました。以前に仕事がらみで一度だけ谷繁監督にお会いした事があると伝えると、

 

『すごいじゃん!!』(お会いしただけなので何も凄くないのですが…アセアセ)

 

私の投げかけに返事が返ってきたのは、後にも先にもこの一回だけ

 

約束の40分をゆうに超え、一時間が過ぎようとしていた時、

 

もう限界!!!!!!ムキームキームキー

 

最低限の作り笑顔でつまらない話を聞き続けていた私も、ついに限界を越えました。

 

『もうそろそろ時間ないので帰ります!!』

 

話を無理やりさえぎり、そう伝えて席を立とうとすると、

 

『はい、分かりました。でも最後に一つだけ!!』

 

と言ってまた話を続ける穀物さん

 

『僕の家は農家です。(もう散々聞いたから知ってるよムキー)農家だと一緒に手伝わないといけないイメージがあるかもしれません。だけど、今はそんな時代じゃないし、うちは全然手伝って貰わなくても構わないんで。』

 

 

 

 

っていうか、

 

あんたに嫁が来ないのは、そこが原因じゃありませんからぁ~~~!!!!!!!!!!ムキームキームキー

 

ホテルのラウンジに響き渡る大声で、そう言い返したかったが、グッと堪えた。

 

もっと相手に興味を持っておくれ…そしたらきっと嫁は見つかるはず。

 

自分の事は棚に上げ、心の中で穀物さんにそんなエールを送った。

 

『ありがとうございました。』

 

そう一言だけ告げ、ラウンジをそそくさと立ち去りました。

 

そして一人になって一息ついた時、今まで我慢していた気持ちと疲れがどっと込み上げてきました。

 

結婚相談所の人はこんな人ばかりなのかな…チーン(注:決してそうではありません)

 

またまた自分の未来に落胆し始めた。

 

普通の人でいいと思ってるだけなのに…ショック

 

しかし、その普通の人という曖昧な理想が、その後の婚活をさらに混乱させる要素だとは、この時は全く気付いていない私なのでありました。

 

つづく

 

続きが気になる方はこちらへ↓↓↓

婚活はどうした⁈目的はむしろそっちかい⁈私の婚活記録⑦

 

みなさんの婚活の成功を願っています♥

 

もし一人でやっている婚活が不安だという方がいらしたら、

どうぞお気軽にご相談くださいね(^▽^)/

夢乃チェリー

-私の婚活記録

Copyright© 40代婚活成功マニュアルブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.