マインド

婚活成功と親との関係①

更新日:

こんにちは(^^)

40代の婚活を成功に導く

夢乃チェリーです。

 

ただ愛されたかっただけ

私は婚活を始めた40代まで、

正直言って、まともな恋愛をしてこなかった様に思います。

こんな事を言うと色々な誤解があるかもしれませんが…(笑)

 

恋愛についてあまり深く考える事なく、その場の雰囲気だけで付き合ってしまった事もしばしば。

そんな風だから、初めはお互いにラブラブで過ごせたとしても、

月日が経つにつれて、自分の思い通りにならに相手をどうにかしようと考えてしまったり、

最初はイケイケで追いかけてくれていたメンズも、我まま放題の私に愛想が尽き、

しばらくするとフェードアウト状態…

さらにKYだった私は、

『あの時に言ってくれたあの言葉はウソだったの⁈』

とばかりに、今にも逃げ出したいメンズに対して追い打ちをかけてしまう有り様。こっ怖い…( ̄Д ̄;;

 

『男が一度口にした事は何が何でも守れ』

と言わんばかりに、自分の正当性を主張していた様に思います。

 

今思い返してみれば、どれもこれも本当に、

自分が男であれば、

『こんな女となんか付き合っていられない』

と思ってしまうような言動の数々なのですが…

その当時の自分は、

自分一人では自信の持てない自分を、ただ認めて欲しい一心で、

彼氏に何とかしてもらおうと必死だったのだと思います。

 

私は愛されたかった。ただそれだけ…

 

だけどそれはどれだけ恋愛の相手を変えようと、一向に手に入ることはありませんでした。

 

それは何故か⁈

 

今なら分かります。

それは

自分が自分を愛していなかったから。

 

無意識に親の価値観で生きていた

私は、一つ上の姉がいる普通のサラリーマン家庭に生まれました。

体格が良く成長の早かった私は、物心ついたころからは姉とは双子の様に扱われていました。

なので姉の事は、

お姉ちゃん

というよりも、いつしか身近にいるライバル的な存在になっていた様にも思います。

 

妹とは時にズルい存在でもあり、

私に関しては、姉がたった一年先の事をやってるのをいつも間近で見ているお陰で、

来年の今頃は私はこれをやっている!!

というのが幼いながらにも分かってしまうため、

自然に色々な事を覚えてしまい、実際に学業の面でも成績が良くなってしまうという、

要領の良さを発揮して生きてきた様に思います。

 

だからこそ、教育パパママだった両親からは褒められ、

私は姉よりも出来が良い!!

と、とんだ勘違いを引き起こし、

褒められたいが故に、また頑張る!!

みたいな、

典型的ないい子ちゃん

を、ある程度の年齢まで無意識に演じてきた様に思います。

 

それと婚活が一体どう関係があるのか…⁈

 

これがかなり関係があると、数々の体験や学びから言い切れます!!

両親が期待する自分でいなければならない!!

というのを、

無意識ではあるのですが、ずっと心の中で握りしめていた私は、

全ての物事の選択肢を、

知らず知らずの内に、

こうしておけば両親が喜ぶだろう…

という選択にしてきてしまっていたんですよね。

 

だからこそ、

自分が本当は何を求めているのか⁈

を知ることに時間がかかってしまった。

 

だから、

自分の理想のメンズすらも分からない…

色々な場面で、親や世間一般でウケが良さそうな物の価値観でしか判断できなくなってしまってました。

 

長くなってしまったので、続きはまた書きたいと思います。

 

みなさんの婚活の成功を願っています♥

 

もし一人でやっている婚活が不安だという方がいらしたら、

どうぞお気軽にご相談くださいね(^▽^)/

夢乃チェリー

 

-マインド

Copyright© 40代婚活成功マニュアルブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.